まずは、お気軽にご相談ください

実際に操作してみたい方はこちら

運賃改定ウェビナーについてはこちらから

通勤手当業務において、2023年春の運賃改定は何がたいへん?

対象者と経路/金額のチェック

社員から申請をあげてもらう場合は、申請経路や申請金額の妥当性チェックを目視で行う必要があります。管理者側でまとめて対応する場合は、対象者が誰なのか、また運賃改定後の金額はいくらなのかを洗い出す必要があります。

運賃改定が繰り返し発生する

鉄道会社によって 改定月が異なる可能性があり、2023年3月以降は運賃改定が繰り返し発生することも視野に入れておく必要があります。運賃改定が落ち着くまでは作業負担が続くことが予想されます。

先払いと後払いが混在していると…

定期代支給と実費支給が混在している場合、先払い・後払いといった支給タイミングも混在した状態となります。その上で運賃改定に対応する場合、タイミングによっては、先払い社員は新料金、後払い社員は旧料金となるケースもあり、確認作業が煩雑となります。

1. 対象鉄道&バスの把握

運賃改定となる鉄道会社やバス会社をシステムが把握してくれるので、自動で最新の運賃が取得可能になります。

2. 対象社員の判断

運賃改定の対象となる社員かどうかをシステムが自動で判断してくれるので、社員自身が申請する手間が省けます。管理者も経路や金額のチェックが不要になります。

3. 対象タイミングの検知

運賃改定後の金額を支給する適切なタイミングをシステムが自動で検知してくれます。支給データを自動で更新してくれるので、先払いと後払いが混在している場合でもカンタンに対応できます。

まずは、お気軽にご相談ください

実際に操作してみたい方はこちら

自宅から勤務先までの経路案内

住所間探索で最適な通勤経路を案内できます。申請者が入力する項目を最小限にすることで、システムにすぐに慣れることができます。

自動計算でミスをゼロに

駅すぱあとの情報を用いて定期代や片道運賃、払戻金額をシステムが自動で算出します。手作業による計算間違いも起こりません。

ストレスフリーな確認作業

申請可能な支給規定を管理者側で設定して「規定に沿った経路の案内」が可能です。経路の妥当性を確認する作業から解放されます。

まずは、お気軽にご相談ください

実際に操作してみたい方はこちら

【まずは情報収集したい方 必見】

システムを活用した対応策を無料セミナーにてご紹介いたします!

【ウェビナー概要】

 

■ タイトル  :  \ まだ間に合う!/ 運賃改定対策 30分セミナー

 

■ 開催日時  : A日程)2022年12月22日(木)16:00~16:30

          B日程)2022年12月23日(金)16:00~16:30

          ※両日とも同じ内容となります。どちらかご都合の良い日程でお申し込みください。

 

■ 開催場所  :  オンライン開催(Zoom)

          ※お申込みいただいた方に視聴用URLをご共有します。

 

■ 費用    :  無料

 

■ 定員    :  100名様 

 

A日程)申し込みフォーム

B日程)申し込みフォーム

© Val Laboratory Corporation